映画『華麗なるギャツビー』の象徴的なシーン7選

こんにちは!映画大好き!室長です

今回は、映画『華麗なるギャツビー』の象徴的なシーン10選を紹介します。

なるべくストーリーの重大なネタバレにならないよう書きましたので、映画未視聴の方でも安心して読めると思います!(でも保証はできないため、閲覧は自己責任でお願いいたします)

目次

映画『華麗なるギャツビー』の情報

公開2013年
監督バズ・ラーマン
出演レオナルド・ディカプリオ
トビー・マグワイア
キャリー・マリガン

映画『華麗なるギャツビー』のあらすじ

宮殿のような贅沢な邸宅に住む、謎めいた男がいる。その男の名は、ジェイ・ギャツビー。

彼の出自は?どのようにして大富豪となったのか?
彼は何の仕事をしているのか?
そして、なぜ毎晩のように壮麗なパーティーを開くのか?

誰もがその答えを知らない。
果たして、彼が人生のすべてをかけた<秘密>とは――?

映画『華麗なるギャツビー』の登場人物

ニック・キャラウェイ
物語の語り手。デイジーのいとこで、トムの友人の男性。

ジェイ・ギャツビー
謎の富豪。ニックの家の隣の豪邸に住む紳士的な男性。

デイジー・ブキャナン
トムの妻で、天真爛漫で美しい女性。

ジョーダン・ベイカー
デイジーの女友達でプロゴルファー。

トム・ブキャナン
デイジーの夫で、ニックの友人。富豪で横柄な男性。

マートル・ウィルソン
トムの不倫相手の女性。灰の谷の住人。

映画『華麗なるギャツビー』の象徴的なシーン

映画『華麗なるギャツビー』観て、象徴的に感じたシーンを紹介します

1. 灯台

この映画では、「灯台」が何度も登場します。

まず、映画冒頭の「ニックの独白シーン」でも緑色の光を放つ灯台が登場します。

次に灯台が登場するのは、ブキャナン邸での晩餐後にニックとデイジーが話すシーン。
デイジーが「生まれたのが娘でよかった」と語るシーンにも緑色に光る灯台が登場します。

ニックが初めてギャツビーに出会ったシーンでは、ギャツビーが緑色の灯台に手を伸ばしていました。

灯台が象徴しているものとは…?
希望、道しるべ、夢、過去、未来…。
灯台が映されるシーンの登場人物のセリフに、ぜひ注目してみてください。

2. ニックが1922年を振り返るシーン

映画では、現在と過去の場面を行ったり来たりします。

現在(1929年)
季節は冬。
もの静かなでほの暗い部屋で、ニックは老年の医師と対話し、精神科の治療を受けている。
過去(1922年)
季節は夏。
ニューヨーク。パーティ、酒、摩天楼、野心ある若者たち。

特に、ニックが最初に「過去」を振り返るシーンが印象的でした。

ニックが窓の外を眺め、寒々とした吹雪のホワイトアウトから、1922年ニューヨーク上空の雲への切り替え。
現在の暗い表情のニックから、1922年の生き生きと明るい表情のニック。

見事に対照的な2つの場面にもかからわず、導入が非常にスムーズに感じました。

3. デイジーの登場シーン

ニックがブキャナン邸でいとこのデイジーに会うシーン。 
白く薄いカーテンが風によって幾重にも舞い上がり、輝くクリスタルのシャンデリア。
軽やかで柔らか、純真、輝く美しさなど、デイジーの印象と重なります。

デイジーが登場するシーンの直前は、トム(デイジーの夫)の乗馬、トムの表彰状やトロフィーが飾られた部屋、執事の男性たちなどのパワフルで男性的なシーンが続いていたため、さらにデイジーの登場シーンが印象深く感じられます。

4. 窓

この映画では、「窓」も何度も象徴的に登場します。

特に、「灰の谷」の愛人マートルのアパートでのシーンが印象的です。
窓はまるで「切り取った人生」のように、他人の生活を外から覗くことができ、窓の数だけ人生が垣間見えます。

また、「ギャツビー邸の高い窓から外を見るギャツビー」とそんなギャツビーを「窓の外(低い場所)から見るニック」という構図も何度か登場します。

「窓から覗く」シーンの他に「窓を閉める」「窓を開ける」シーンにもぜひ注目してみてください。

5. 灰の谷と愛人

灰の谷(石灰の捨て場および町)では、トムが愛人・マートルのために借りたアパートが登場します。

黒い煤(すす)だらけの「灰の谷」とは対照的に、赤色の壁紙、赤色の家具で整られたマートルの部屋。
赤いドレスを着たマートル、緑のドレスを着たマートルの妹、黄色いドレスを着た女性がさらに部屋を彩ります。

映画ならではの視覚的な色彩演出にもぜひ注目してみてください。

6. 秘密のお茶会

雨が降る中、ニックの家でとある「秘密のお茶会」が始まります。
雨は「波乱」や「何かが変わる」ような予兆を感じさせます。

部屋には様々な花が豪勢に飾られますが、どれも「白い花」であることが共通しています。
白い花に込められた想いとは?

また、お茶会の場面では、雨音も聞こえなくなる「無音になるシーン」がいくつかあります。
「緊張」「夢中」といった感情がひしひしと感じられるシーンです。

7. 見る者

灰の谷にある、まるで神の目のような「眼科医・エックルバーグ博士の看板」。
映画の中で、この看板が何度も象徴的に登場します。
看板が映されるシーンにも注目してみてください。

また、ニックは傍観者で「見る者」であることが度々示されています。
ニック自身も「他人の秘密を見る自分は、彼らの仲間であり、部外者でもある」という旨のことも述べています。

さらにこの映画では、「見る」の他に、この映画では「聞く」「話す」「書く」という行動も印象的に描かれています。

  • 聞く…ギャツビーの噂
  • 話す…ギャツビーが話す自身の生い立ち、現在のニックが精神科医に話す過去
  • 書く…現在のニックが治療の一環で書き記す過去
  • 見る…見る人を騙すジェントルな立ち振る舞い、事故の目撃者

「聞く」「話す」「書く」「見る」それぞれの行動をまとめると、どれも「信憑性の無さ」が感じられます。

すべてを見ているのは、この映画の観客です。
しかし、『華麗なるギャツビー』自体が、精神的な問題を抱えるニックが書いた物語です。

観客は見るものを受け取るしかありません。しかしニックはいわゆる「信頼できない語り手」です。
「この人物が言っていることは本当か?」
「ニックは騙されていないか?」
「いまいち信頼できないストーリーだな」…
などの感想があることも必然だと言えます。
観客も「彼らの仲間であり、部外者でもある」のです。

まとめ

なるべくストーリーの根幹には触れずに象徴的なシーンをまとめてみました

原作を読むとまた違った印象になるかもしれません

グレート・ギャッツビー (光文社古典新訳文庫)

グレート・ギャッツビー (光文社古典新訳文庫)

フィッツジェラルド
715円(07/24 12:45時点)
発売日: 2009/09/20
Amazonの情報を掲載しています

コメントで、『華麗なるギャツビー』で「印象に残ったシーン」などを教えていただけると嬉しいです!

このブログを書いた人
室長

深読みしがちなオタク。
漫画、映画、小説、ゲームなどインドア趣味全般が好きです!


こちらもオススメ

コメントする

コメントする

CAPTCHA


目次